メンズオンリーの宴会で|ピンク旅館でフィーバー!エッチなスーパーコンパニオンを呼ぼう
こちらを見ている女性

メンズオンリーの宴会で

キャリーバッグにもたれる女性

俗に「ピンク旅館」と呼ばれる旅館が日本全国に見られるようになったのは大体60〜70年代かそこらであると推察できます。要するに日本が高度経済成長まっしぐらだった、サラリーマンがいちばん元気だった時期、温泉旅館でひんぱんに開催されていた大宴会、そこに色っぽいおねーちゃんを呼びたいという需要が高まって、ピンクコンパニオンが登場し、ピンクコンパニオンとのひとときを楽しむために宴会場を提供してくれるピンク旅館が出てきた、という感じになっているのです。それから今にいたるまで、ピンク旅館はピンクコンパニオンを呼んで宴会を色気たっぷりに盛り上げてもらえる、そんな旅館として知られるようになり、利用されるようになっています。
ピンク旅館に連絡を取ることで、「2時間2万円」というのが料金相場ですが、とにかくそのような感じでピンクコンパニオンとの楽しい宴会を開催できるようになったのです。
ただし現在では状況が変化していて、「温泉旅館での宴会というのも古くさい、カクテルとかが飲める店でピンクコンパニオンとエッチに盛り上がりたい!」という若い人の声もあって、ピンクコンパニオンは必ずしもピンク旅館でしか呼べない存在ではなくなっています。
たとえば個室居酒屋やカラオケボックスのような場でメンズオンリーの宴会がひらかれるとき、ピンクコンパニオンを呼ぶことができるようになっているのです。昔ながらの温泉旅館の宴会場を利用したい人はもちろん、カラオケボックスなどでフィーバーしたい若い人にも親しまれているのです。